日常に見つけたデザインの種

連日の猛暑。
猛暑を通り越して、炎暑というこの頃。
くれぐれも熱中症にはご注意ください。

今回のDirector’s BLOGは、COOHEMの商品企画の原点とも言えるデザインの発想「日常に見つけたデザインの種」について。

 

ブランドを立ち上げて、服のデザインをするようになってから、日常のあらゆるモノやコトに対して「これをこうしたら面白いのかな?」「だんだんニットの配色に見えてきた」「この考え方をニットに置き換えられないか?」など妄想癖がついたような気がします。

 

ふと足元を見て、目の前に広がる色の組み合わせがニットの編み組織に見えた地下鉄。

そして、リサイクルショップの前で無造作に積み上げられたコンテナや古着のワッペンを何気なく並べて見て気づく色の配列。

直感的に何かを「デザインの種」として無意識に感じ取っているのかもしれない。

 

僕の日常は、海外出張の時のリサーチだったり、染色工場の見学だったり、米富繊維のアーカイヴスだったり、イラストレーターの画集を見ることだったり、出張中の地下鉄や何気なく目に留まった看板だったりと関連性のない一つ一つが「日常」だったりする。


そういう一つ一つにデザインの種がある。

コレクションの企画が一段落しても、脳は常に先のモノづくりのことを考えているので、目にしたモノや聞いたコト、全てがデザインにつながる可能性を秘めている。

 

以前、弊社のニットテキスタイルを開発してきた室長が言っていた。

 

「電線が絡まっているのを見て編地を思いついた」

そして

「一番嬉しいのは編地を編めた時じゃなくて、思いついた時」

 

何かをクリエーションしている人には特に共感できる内容かもしれないけど、モノが出来た時じゃなくて、「新しい考え方」や「新しいアプローチ方法」に辿り着いた時が最も嬉しい。

 

彼もまた、いつもいつの日も「日常に見つけたデザインの種」を無意識に探しているのかもしれない。

学生の頃、なんで「トレンドって生まれるてくるのか?」って疑問を持った事があった。
世界のどこかで偉い人達が集まって、議論して決めているのかと思っていた時期もあった。

でも、自ら商品企画をやるようになって、突き詰めて、突き詰めて考え抜いた末に、新しさを表現する方向性が世のトレンドと合致することがあるということを体感した。

短略的にデザインが同じとか、アイテムが同じとかそうじゃなくて、大きな方向性として自らのデザインと世のトレンドが合致したりすることはある。

大ヒットするメガトレンドが不在と言われる世の中、多様性(ダイバーシティ)という現象そのものをトレンドと解釈する向きもあるが、他と同じトレンドの商品が大事なのではなく、大きな方向性の中で放つ自らの独自性が最も大事だと思う。

その時代を生きた大勢の人が瞬間的に享受できる良さが「トレンド」にはあるが、COOHEMという一見トレンドを纏ったように見えて、実は培われた技術と歴史に裏打ちされたデザインという「独自性」が日本のファクトリーブランドの進化の一つだと思う。

今日も通勤途中に見かけた景色、起きる出来事、全てに「日常に見つけたデザインの種」がある。

Director 大江

NATIVE the 3rd

皆様こんにちは、

 

COOHEMアシスタントデザイナーの神山です。

 

いよいよ立ち上がった新シーズン、2018 AUTUNM & WINTER。

私からは、その中でも一押しのアウターウエアについてご紹介させて頂きます。

 

NATIVE JACQUARD COAT

 

ブランド史上3作目となる、ネイティブ・アメリカンパターンのジャガードコート。

 

今季のテーマであるFIND THE ROOTSに則り、COOHEMの革新的なものづくりの代表作であるNATIVE JACQUARDシリーズを再解釈しました。

 

ベースとなるファータッチのモールは、初代ネイティブコートと同じ素材をさらに進化させたもの。

ムートンのような手触りはそのままに、トーンの異なる2色が絶妙に混じり合い、より深みのある色合いを表現しています。

 

そして最も特筆すべきは本場顔負けのトライバルパターン。

今回はヴィンテージのブランケットから着想を得ています。

 

COOHEMならではのカラフルなファンシーヤーンはソリッドカラー、絣、カラーネップなどをミックス。

そして色だけでなく形状にも目を向けてみると、ファーモール、ブークレ、テープ、リリヤーン、ストレート糸の多本取りなど、多種多様な素材でメリハリをつけています。

 

インパクト満点でも下品にならないのは、上質な素材を使用しているから。

 

そして、大人に似合うトライバル・パターンを目指して素材を開発しているからです。

 

こういう柄は好きだけど、ヴィンテージのブランケットコートはイマイチしっくりこない、、、という方には是非。

またボリューム感に反してとても軽量で暖かいので、本場のコートは硬くて重い、、、という方にもお勧めです。

 

ちなみに個人的には、このインパクトアイテムにさらに主張の強い色・柄を合わせたいと目論んでいます。

 

*サイズ2を着用

 

マルチカラーの便利なところは、その中の色をインナーやボトムスに持ってくれば絶対に失敗しないところ。

今季のコートはベージュ、グレーをベースに、ブラック、ネイビー、ホワイトなどのベーシックカラーも効果的に使用されているので、手持ちのお洋服で簡単にスタイリングできます。

 

*モデル身長163cm サイズ2を着用

 

またこちらの NATIVE JACQUARD COAT は、今季からユニセックスウエアとして

1〜4の4サイズ展開でリリースしております。

サイズ1=ウィメンズMサイズ相当

サイズ2=ウィメンズL〜メンズSサイズ相当

サイズ3=メンズMサイズ相当

サイズ4=メンズLサイズ相当

性別や体格を問わず、お好きなサイズ感をお楽しみ頂けると幸いです。

*ちなみに過去の2作に比べ、アームホール回りはややゆとりをプラスし重ね着し易い設計になっています。

COOHEM ONLINE SHOPでも、下記「UNISEX」カテゴリーにて販売中です。

是非チェックしてみて下さい!

 

 

 

 

さりげない交編(こうへん)

こんにちわ、営業の松岡です。

今回はこのSSシーズンに提案しています人気の「SOLID TWEED」シリーズをご紹介させていただきます。

COOHEMのツィードといえば、様々な色や素材がミックスされて美しくカラフルなツィードが代表的ですが、今回のこちらは糸の素材や形状は様々でもカラーはワントーンで表現したシリーズなんです。

 

なんといってもこの商品のよさは「さりげなさ」だと思います。

ワントーンでシンプル、合わせやすく着やすいですが、よく見ると糸の形状,

そして素材によって色のトーンが絶妙に違い、さりげなく奥深いのです。

カラフルなツィードはもちろん素敵ですが、

一見COOHEMぽくない、

でも実はCOOHEMらしいテクニックが入っているというツウなさりげなさ。

個人的にはこの感じがとても好きです。

 

素材も真夏でも涼しく着ていただけるシャリ感のある綿で、しかも透かし柄もあるので想像以上に涼しく着ていただけます。

 

そしてあえてのスタンドネックデザインが、さらに上品に見せてくれるのです。

スカートとセットアップで着ることもでき、アクセサリーやシューズを変えれば結婚式やドレスアップしたい場所でもピッタリです。

こちらは展示会にて接客の際。

ネイビーのセットアップにあえてカラフルなブーツを合わせてみました。

セットアップで持っておくと、普段はバラバラにカジュアルに着まわすこともできるしとても便利ですよね。

最近は普段着ることのできるセットアップ提案の服が多いので、なるべく私もセットアップで買うようにしています。

 

「さりげないCOOHEM」なシリーズ。おすすめです!

■SOLID TWEEDY KNIT PULLOVER 24,840円

■SOLID TWEEDY KNIT SKIRT 31,320円

 

 

 

2018 SPRING & SUMMER SUMMER STRIPE TWEED JACKET &PANTS

 

 こんにちは、気温もあたたくなり、本格的に春到来し、

これから暖かくなって、外にでかけられている方も多いのではないでしょうか。

 

 こんな季節におすすめのアイテムのご紹介させて頂きます。

_ 2018 SPRING & SUMMERのCOOHEMのニットジャケットです。

 

SUMMER STRIPE TWEED JACKET

GREY

NAVY

52,920円(税込)

_Color
GREY,NAVY
_Quality
本体:コットン88% ナイロン7% レーヨン3% アクリル2% ポケット裏地:コットン100%
_Size
46,48

 

 

 

素材はイタリアの高級ヤーンメーカーの強撚糸をベースに

さらりとしたドライタッチのcottonベースの素材です。

 

ニット特融の上品さは残したまま、cotton特融のカジュアルさもあり

ニットも厚くなく、さらりとしたニットになります。

色んな着回しも楽しめますし、ガンガン通年着て頂けるアイテムになっています。

 

 素材はストライプ柄部分にはCOOHEMらしい立体感のあるファンシーヤーンを使用し

他のニットジャケットにはないエレガントさもある表情になっています。

クラシックながらも今までにないストライプパターンを追求しています。

 こちらのアイテムは職人さんが難易度の高い縫製技術で一点一点

丹精込めて作られているアイテムです。

 

 

 テーラードジャケットと一般的にいう事が多いと思うのですが、

テーラー(tailor,仕立て人)からくるもので、「仕立ての」という意味で、

ジャケットとパンツの組み合わせで、従来はメンズウェアに用いられることが多かったみたいです。

 

 COOHEMでは同じ素材でショートパンツでの

COOHEMらしいテーラードのご提案になっています。

 

 もともとテーラードジャケットも寝間着や軍服、乗馬用と

今までさまざまな用途、形をたどった歴史がありますが、

 

 ジャケットの形にとらわれず、自分のとらえ方で様々な

着用を楽しんで頂けるアイテムになっていると思います。

 

 

 フラワーホールにはCOOHEMオリジナルピン付。

 

オリジナルピンは取り外しができるので、お持ちのアイテムにも付けられます。

 

ボタンはオリジナル刻印入り水牛ボタンを使用しています。

 

細かい所もこだわりぬいたアイテムになっています。

 

 是非これからの季節にご検討頂ければ幸いです。

 

<着用写真>

インナーにシャツと足元にはスニーカーだとこんな感じになります。

さらっとセットアップでの着用も素敵ですね。

 

 

 

COOHEM Knit Tweed Lifeデビュー!

皆さまこんにちは!営業の渡邉です。

 

11月に入って気温が下がったと同時に、紅葉が見頃を迎えていますね。

先日の3連休に紅葉を見に山寺へ行って参りました。

松尾芭蕉のおくの細道の舞台にもなった山寺ですが、下から見上げた紅葉も、頂上の五大堂から見下ろす紅葉も素晴らしいものでした。

 

さて、本日は「COOHEM Knit Tweed Life」について書いていこうと思います。

 

初めて目にする方も多いであろうこのワードですが、実は以前よりCOOHEMのinstagramなどで登場しておりました。

そもそも「COOHEM Knit Tweed Life」とは何でしょうか?

 

「COOHEM Knit Tweed Life」とは・・・

REGULAR COLLECTIONとARCHIVE COLLECTIONの2つのコレクションで構成されたCOOHEMのライフスタイルグッズのコンセプトラインです。

REGULAR COLLECTIONでは過去の名作をリプロダクトし、ポーチやウォレットなどの小物に、ARCHIVE COLLECTIONではブランドスタート時から現在まで社内で開発してきたツウィードアーカイヴスをファブリックパネルやクッションカバーに。

ウェアとは全く異なった目線で「ニットツウィードから誕生したプロダクトの数々は日常の様々なシーンに瞬時に溶け込み、いつでも手触りを感じられる、もっと身近な存在へ」をキーフレーズに、新しいCOOHEMとして2017年にデビュー。

 

今まではイベントなどでしか販売を行っていなかった雑貨ですが、ついにCOOHEMの新コンセプトラインとしてデビューする事となりました。

アイテムはカードケース、財布L、M、ポーチの4アイテム、過去に人気のあったテキスタイルを全てコットンベースに置き換え通年お使いいただけるようになっております。

 

COOHEMオンラインは本日より、店頭でも随時販売が開始されます。

 

COOHEMのFIND A SHOPにKnit Tweed Lifeのお取扱い店舗が追加されておりますので、

是非お近くの店舗でお手に取ってご覧くださいませ。

FIND A SHOP

 

このCOOHEM Knit Tweed Lifeが、皆さまと私達を繋ぐ新しい橋になっていただけたら嬉しいです。

 

REGULAR COLLECTION

このコレクションはNEW SPRING PAINT TWEED/BANDANA JACQUARD/CAMOUFLAGE TWEED/COOHEM TWEEDの4種類のテキスタイルで構成されています。

持っているだけで楽しくなってしまうこちらのアイテムは通年を通して使っていただけるようベースは全てコットン素材となっており、長年使用していただく事も想定し内側には牛革と張りのあるグログラン素材を使用しています。

 

CL001 KNIT TWEED CARD CACE

CK002 KNIT TWEED WALLET MEDIUM

CL003 KNIT TWEED LARGE

CL004 KNIT TWEED POUCH 

*4色展開

テキスタイルによって価格が変わるためONLINEページをご参照ください。

 

ARCHIVE COLLECTION

過去にCOOHEMのコレクションに使用されたテキスタイルはもちろんの事、様々な理由で日の目に当たる事のなかったテキスタイルを使用したコレクション。

その殆どはこの世に2つとして存在しないテキスタイルである為、アソートでの販売とさせて頂いております。また、このCOLLECTIONに関しましては店頭販売のみとさせていただいております。取扱い店舗に関しましてはお気軽にお問い合わせください。

左から

CL005 KNIT TWEED PANEL XTRA SMALL/4,000

CL006 KNIT TWEED PANEL SMALL/6,000

CL007 KNIT TWEED PANEL MEDIUM/8,000

CL008 KNIT TWEED PANEL LARGE/11,000

CL009 KNIT TWEED CUSHION(カバーのみ)/9,000

CL010 KNIT TWEED CLUTCH BAG/16,000

 

 

 

ベルベットタッチで秋の気分

 

 

皆様こんにちは、COOHEMアシスタントデザイナーの神山です。

 

セール真っ只中の傍ら、秋冬物が続々登場するこの時期。

COOHEMオンラインショップでも、本日8月10日に2017 Autunm & Winter collectionの新作が入荷致しました。

 

新入荷アイテムの中でも私のオススメのシリーズは、VIMAR TWEEDシリーズ。

私自身も個人購入した、この冬の主役ツウィードです。

今シーズンのカタログでは、表紙のスタイリングに使用されています。

 

 

 

ぽこぽこしたカラフルなファンシーヤーンの基調となる素材はベルベット調のモール。

独特の光沢と質感が、秋冬のムードを一気に盛り上げてくれます。

一方で内側は綿をベースにしているので、まだ暑さの残る秋口でも、さらりとした手触りで快適です。

先日のブログでは当社のセルジオさんもオススメしていたこのVIMAR ジャケット、元々のウィメンズモデルは、スタンダードなノーカラーデザインです。

先にリリースされたフリンジTシャツと合わせて着たい!

と思い、今回は完全に私物スタイルとなりました。

 

 

ただ、こちらのプルオーバーも非常に捨てがたく。。。

 

セットアップでドレス風に着るならプルオーバーがオススメです。

袖は八分丈で秋口から軽やかに着れるデザイン、裾のフリンジがCOOHEMファンにはたまらない可愛さ。

ウィメンズのみ展開のブラックカラーは、女性らしいパープルがアクセントになってオケイジョンシーンでも活躍間違いなしです。

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、次の季節の新しいスタイルを見つけに、ぜひ新作をチェックしてみて下さい!