_NEWS & BLOG

メンズファッションの聖地から発信されるCOOHEM MEN

お盆が過ぎ、あっという間に夏の終わりを感じる季節となりました。

 

都内はまだ残暑がありますが、山形はすっかり朝晩は涼しく、肌寒さを感じる時さえあります。

 

さて、今回のDirector’s BLOGは、「メンズファッションの聖地から発信されるCOOHEM MEN」について。

ちょうどお盆の時期の2017年8月11日〜8月20日の10日間、UNITED ARROWS原宿本店「UA&SONS」にて2018AW COOHEM MEN POP UP SHOPを開催しました。

こちらのUNITED ARROWS原宿本店は、1992年に旗艦店としてオープン。店舗デザインは、スペインの建築家リカルド・ボフィルが日本で初めて設計した”原宿のランドマーク”、国内外のメンズファッションの”聖地”とも言えるセレクトショップです。

前回のCOOHEM BLOGにもありましたが、開催前はSHOPスタッフに対して商品説明会を実施、皆さんとても熱心に聞いてくださるので、話しにも熱が入りました。

お盆中にもかかわらず、たくさんのお客様にCOOHEMをご覧いただけたようで、COOHEMがロゴリニューアルをして本格的に展開をスタートする1年前の2016AUTUMN&WINTERからUA&SONSで展開していたこともあり、リピーターのお客様や外国人のお客様のお買い上げもあったとのこと。

これもSHOPスタッフの方がブランドのストーリーも含めてお客様にご紹介頂けた結果と感じました。

皆様もご存知の通り、COOHEM MEN誕生のキッカケを頂いたUNITED ARROWSでこのように大きく展開して頂き、たくさんの方に見て頂けたことはCOOHEMにとってもとても貴重な機会となりました。

こちらのUNITED ARROWS原宿本店ですが、ウィメンズ館を統合、「UNITEDARROWSONE(ユナイテッドアローズワン)」をコンセプトに掲げた新しい旗艦店として2017年9月7日(木)にリニューアルオープンします。
そのため、写真のような状態は8月31日までとなり、その後のCOOHEMは通常展開となる予定です。

メンズ館としての最後にこうした展開をして頂けたことは大変ありがたいことで、このメンズファッションの聖地から発信されるCOOHEM MENが今後も各展開SHOPでたくさんのお客様にご覧いただけるようになれればと思います。

インターネットで普通に洋服を買う時代、ますます利便性が高まり、店に足を運ぶことがなくなりそうなご時世ですが、SHOPでしか味わえない空間のなかで洋服を選ぶ、SHOPスタッフとのコミュニケーションの中で見つける新しい自分。

是非、ファーストCOOHEMは各展開SHOPで実際に手に触れて、着てみて頂きたいです。

Director 大江