concept

Coohem(コーヘン)は、ニットの世界で云う「交編(こうへん)」に由来する造語で、ニットテキスタイルという素材の持つ無限の可能性を追求するブランドとして2010年FALL&WINTERよりスタート。

「交編(こうへん)」とはいくつもの素材を使い織物のようなテキスタイルをニットの組織で作る技術であり、異なる色や素材を組み合わせることにより新しい素材の表情や着心地を生み出します。この世界でも希有の「交編(こうへん)」技術によるニットテキスタイルをスタンダードなデザインに落とし込んだ大人の為のリアルクローズを提案します。

日本の職人とのコラボレーションにより作りだされるニットツウィードは、糸の選定から色、柄の組み合わせ全てがオリジナルに開発され、ファンシーな柄や鮮やかなカラーリングに特徴があります。 その素材の企画開発から商品の生産までの全工程を自社ファクトリーで作り、オリジナル性の高いクオリティを実現します。

about

“交編(こうへん)”とは、ニットの世界で云う「異なる形状の素材を複数組み合わせて編み立て、新しい素材を作る技術」のことであり、主にニットツウィードと呼ばれる織物のような生地をニット組織で表現することを可能にします。

非常に複雑なプログラミングを必要とするテクノロジーの要素と、色や素材を選定し組み合わせるクリエイションの要素が融合することによって生み出されます。

director

大江 健 (オオエ ケン)
山形県生まれ。

日本有数のニット産地である山形で幼少期を過ごし、専門学校でマーケティング、デザイン、ファブリックなどを学ぶ。セレクトショップを経て、有名ブランドを数多く手掛けるニットメーカー米富繊維株式会社に入社、ニットテキスタイルの企画開発に携わる。

長い歴史の中で独自に開発されたヴィンテージテキスタイルの数々に着目。 膨大な数の過去のアーカイヴをベースに今の時代感を吹き込み、ニットツウィードという素材の持つ無限の可能性を追求し、表現をすべく自社ブランドCoohem(コーヘン)を立ち上げる。

米富繊維株式会社 HP
http://www.yonetomi.co.jp/