_NEWS & BLOG

ファッションってやっぱりヒトを楽しくさせてくれるもの

FNOも終わり、先物買いした秋冬物に袖を通せる日が待ち遠しい今日この頃です。

今回のDirector’s BLOGは、先日開催された阪急MEN’S大阪でのナイトイベントで感じた「ファッションってやっぱりヒトを楽しくさせてくれるもの」について。

このナイトイベントは、大阪・梅田にある阪急MEN’S大阪にて通常営業閉店後に顧客を招待して開催され、地下1階から5階までの全フロアを使い、アーティストのライヴやトークイベント、ファッションショーなどが夜遅くまで繰り広げられていました。

2Fにあるデザイナーブランドのセレクトショップ「GARAGE D.EDIT」でこの2017年秋冬よりCOOHEM MENの商品をお取り扱い頂いていることもあり、初めてこちらのイベントにも参加しました。

イベント開始と同時に並んでいたお客さんが一気に入店され、あっという間にショーの会場の席も埋まってしまうというほどの盛況ぶり。

MEN’Sの百貨店なのに、女性のお客様が多いことが驚きでした。
みなさん、カップルで来店される方も多く、年に一度のこのイベントを楽しんでる様子。

 

この秋冬のNEWブランドとしてCOOHEMも数ルック、フロアショーに参加させて頂きました。

 

 

僕たちは基本的にはランウェイ形式でコレクションを発表するスタイルではないので、新鮮でもありましたが、なによりこうしたイベントをお客様、または運営するスタッフが楽しんでいることが印象的でした。

 

シンプルなことですが、「ファッションってやっぱりヒトを楽しくさせてくれるもの」だなとしみじみ感じた一日。

最近「モノよりコト」と言わんばかりにカスタマイズのイベントや期間限定のPOP UP SHOPなど、どのSHOPでも四六時中、開催されていますが、こうしてイベントを楽しんでる人達を見ていて、SHOPに足を運ぶ理由はどうであれ、イベントに行くためにファッションを楽しみ、時間を過ごすことってヒトを楽しくさせてくれるのだなと改めて感じます。

「服が売れない」と言われる時代の中で、情報とモノが少なかった以前に比べて、いろんなことに刺激を受けたり、感動したり、楽しくなったりすることが少なくなりつつあるのかもしれません。

 

それでも、やっぱり服に袖を通した時に、素敵な服に出会えた時に、その服を着て楽しいイベントに参加した時に、小さい喜びだったり、新しい自分の発見だったり、覚えるものなのかなと。

 

とっても基本的なことですが、やっぱりファッションが好きで、そのファッションによってヒトが楽しそうにしてくれたり、自分も楽しんだり、そのためにこの仕事を選んだ自分がいるんだなと思いました。

COOHEMが一人でも多くの男性、女性のお客様にとって、そのヒトを楽しくさせてくれるものであったなら幸いです。

Director 大江