_NEWS & BLOG

改めてモノの価値を考えてみる① PASS THE BATON × YONETOMI

9月に入り秋物が本格的に立ち上がってきました。

店頭が秋色になって、外はまだ暑くても気分的には秋の雰囲気を取り入れたくなる時期です。

今回のDirector’s BLOGは、昨年初めてリリースし大好評だった現代のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」「米富繊維」のコラボレーションについて。

 

PASS THE BATONと米富繊維の取り組みは、COOHEMの開発・生産過程で使われなくなったデッドストックのニットツウィードをRecycleして新しいプロダクトを生み出すプロジェクト「COOHEM CUSTOMIZE KNIT TWEED」を開催したことがキッカケでした。

過去のニットツウィードアーカイヴスを使用したクラッチバッグ、カードケースなどを店頭でご覧になった方も多いと思います。

 

そんなお取り組みを継続していく中で、米富繊維がCOOHEMというブランドとしてではなく、ニットメーカーとしてコラボレーションしたのが2016年秋冬、「残った糸でここまでできるんだ!」と僕自身も驚きと感動すら覚えたコラボレーションが誕生しました。

米富繊維が誇るニットテキスタイル開発技術を駆使し、いくつかのパターンが1着のセーターに組み合わさり表現されたこのセーターは、販売開始から数ヶ月で完売したとのこと。

メーカーというのは、どうしても生産過程で原料(糸)のロスが発生してしまうもの。
そのデッドストックと化した使用予定の無い糸を再び製品に生まれ変わらせることができるということは、モノ作りをしている人間にとっても感慨深いものです。

そして、2017年秋冬のコラボレーション第2弾は、米富繊維で眠っていたデッドストックのモヘヤの糸を使用したカーディガンが登場。

 

PASS THE BATON丸の内店、表参道店、京都祇園店、ONLINESHOP、4店舗同時に2017年9月9日( 土)に発売開始となります。

左右の前身頃、後ろ身頃、袖部分に4つの編地アーカイブスを組みあわせてPASS THE BATONオリジナルデザインで制作。

 

残っていた糸の色にぴったりと合わせた染めボタンは、COOHEMの別注ボタンをお願いしていることでもお馴染みの銀座の名店「ミタケボタン」

 

カーディガンは、寒暖差で着脱することが多いので、 首元に持ち歩き用ストラップをつけています。

デッドストックの糸を活用しているため、カラーはアソートで、ブラック、チャコール グレイ 、ダークグレイ 、グレイ 、ライトグレイ 、ピンク 、ピンクベージュ 、キャ メル 、ベージュ 、ライトベージュ 、ホワイト 、カナリーイエロー、マスタードイエロー、ネイビー、ダークネイビーの 全15 色の展開。価格19,000円(税抜き)

PASS THE BATONらしい、ヴィンテージニットをデザインリソースに生まれたディティールと米富繊維の技術が融合した商品となりました。

工場に残った糸でただセーターを作るのではなく、高いレベルでクリエーションとモノ作りが融合した、新しい付加価値。

お取り組みを続けていく中で、僕自身も新しい発見があったり、モノの価値を改めて考えさせられる良い機会でもあります。

そして、ファッションの持つ可能性を感じるコラボレーションと感じます。

素材、デザイン、見せ方、売り方、全てが新しいことだけが付加価値ではない。
残ってしまったものでも、デザインや見せ方次第で全く新しい見え方になる。

デッドストックの糸も発想と技術で素敵な商品となって生まれ変わることができるということを体感できるセーターだと思います。

色によって在庫の数に限りがあるため、是非、店頭でご覧頂きたいです。
この週末はPASS THE BATONへ足を運んでみてください。

Director 大江