_NEWS & BLOG

洋服を着るということ。

東京もずいぶんと春らしくなってきつつある今日この頃。

 

重たいコートから軽めの春物アウターを、まだ肌寒さを感じながらも袖を通したくなる季節です。

 

今回のDirector’s BLOGは、最近感じている「洋服を着るということ」について。

IMG_6172

僕たちは、洋服を作ってそれを販売することを生業にしています。

 

世の中に色んな職業の人がいて、それぞれ必要としてくれる誰かがいるからこそビジネスが成り立っている。

 

最近のファッション業界は、グローバル化の波にのまれ、商品やブランド、SHOPの同質化によって以前ほど洋服が売れなくなったと言われています。

 

僕が前職のセレクトショップの店頭に立っていた当時と比べても様々なことが変化してきました。

インターネットで普通に買い物する時代。

人と人が顔を合わせて、会話し、そのコミュニケーションの中に新しい発見があったりして、思わず買ってしまったり。。

そんな体験は誰しもあるはず。

世の中ずいぶんと便利になりすぎたのか、そうしたことは少なくなってしまうのかもしれません。

そんな中で、先月行なわれた2017 AUTUMN&WINTERの展示会は、MEN’Sが本格的にスタートするシーズン。MEN’S&WOMEN’Sで開催する初めての国内展示会でした。

IMG_6513

IMG_6516

MEN’Sの本格的なスタートにあたり、新規のお客様も多く、全国の地方のセレクトショップのバイヤーさんも多くご来場頂けました。

皆さんとお話をしていると、、

近年のBASIC回帰でシンプルなものばかりでSHOPに「色」がなくなっていた。

再び「個性の強い服」をきちんとご紹介していこうと思った。

などなど、皆さんがCOOHEMに求めているものを感じました。

この展示会を通してもそうですが、自分自身も改めて「洋服を着るということ。」を考えることが多くなりました。

IMG_6469
もちろん、着る服がなくて困ることはなく、10年前に買って未だに気に入って着ているもの、去年買ったばかりなのに何故だか今年はそういう気分になれないもの、いろいろですが、シンプルな服が流行っているから着てみるのも楽しいけど、ずっとそのままだと何だか楽しくなかったり。。

白Tシャツが流行って、なんとなく白無地のTシャツも着てみるのだけれど、今年はもう少し違う方が新鮮だったり、説明できるようで説明できない曖昧な「気分」的なものがあるのかもしれません。

ただ、「洋服を着るということ。」

 

それは、時代の、自分の「気分」を着るということなのかもしれないなと。

新しいアイテムに袖を通した時にワクワクするのは、少し新しい自分になれた「気分」にワクワクするのかもしれない。

今、スタッフによるCOOHEM BLOGにて「My Favorite Coohem」と題し、それぞれのお気に入りのCoohemをそれぞれがどのように着ているのか?皆さんにご紹介する連載を発信しています。

実際にCoohemを作り出しているスタッフが、日常の中で、どのように着こなしを楽しんでいるのか?

やはり、僕たちブランドを作り出している人達が、まずは「洋服を着るということ。」を楽しんでいることが重要だと感じています。

単純なことなようで、忙しく時が流れるこの時代には大切なことだと感じます。

「モノ」自体に共感を覚えににくくなっている昨今、されど「モノ」から派生する「ヒト」が発信するそんなストーリーに共感頂けるブランドになりたい。

Director 大江