_NEWS & BLOG

PASS THE BATON MADE BY YONETOMI

気温が落ち着いて、東京も山形も秋らしくなってきました。

山形そろそろ芋煮会シーズン突入。

河原沿いも山形県人のソウルフード「芋煮」を作る人達で賑わいだします。

さて、WEB等でご覧になった方も多いと思いますが、この度弊社、米富繊維株式会社とPASS THE BATONさんのコラボレーションセーターが先日のFASHION’S NIGHT OUTが開催された9月10日よりリリースされました。

題して『PASS THE BATON Deadstock yarn mix cable pattern overdye knit』です。

image
こちらのPASS THE BATON、Coohemファンの皆さんもご存知と思いますが、過去に3回ほどCoohem CUSTOMIZE KNIT TWEEDのイベントを開催しました。

PASS THE BATONとは?
PASS THE BATONは現代のセレクトリサイクルショップです。

NEW RECYCLEをコンセプトに、個人から集めた想い出の品物や、すごく愛用していたけれど今は使わない、でも捨てるのは惜しい。
そんな品物を、大切に使ってくれる次の方へ、持ち主の顔写真とプロフィール、
品物にまつわるストーリーを添えて販売します。

高級品や低価格な品物だけを販売する従来のリサイクルショップではなく、個人のセンスで見いだされた品物や、使っていた人物の人となりが伝わる品物を扱う
新しいリサイクルショップです。

*PASS THE BATON WEBサイトより引用

 

僕たちは、大量生産、大量消費の時代に生まれ、日々変わるトレンドの中で洋服を買い、モノを買い、生活していますが、一方でシーズンや年月に関係なく、大切にしたい、ずっと側にいてほしい服やモノがある。

 

サイズが変わってしまった、好みが変わってしまったなど諸事情により、あまり着る機会、使う機会がなくなってしまった服やモノだけど、「思い出」や「愛情」があってなかなか処分できない。

 

そんな服やモノをRecycle 、Remake、Relightのコンセプトによって、再び光を当て提案する。

 

そんなSHOPコンセプトに共感している僕自身が大好きなSHOPの一つです。

 

image

WHITE / BLACK / NAVY 各¥27,000‒(税抜き)

この度、様々なご縁で、こちらのPASS THE BATONさんのオリジナル商品をデッドストックの糸を使ってセーターを作りました。

米富繊維は山形県のニットメーカー、すなわち「工場」で、日々Coohemをはじめあらゆるブランドのモノづくりをしています。

 

「工場」がゆえに、使用する糸の全てを使いきるということは現実的に不可能。

どうしてもデッドストック化してしまう原料、糸が毎シーズン出てきてしまいます。

 

原料メーカーの廃盤や、量産トラブルによる素材替えなどなど糸がデッドストック化する要因は多々あります。

 

そんな使う予定はないけれど、クオリティは確かな糸たちを使って、米富繊維が開発した過去の編地アーカイヴスからピックアップされた5種類のパターンを組み合わせてこのセーターは生まれました。

image

今からさかのぼること半年前、PASS THE BATONの遠山社長とディレクターの若林さんが雪の降る山形の米富繊維株式会社・山形本社へご来社されました。

 

工場見学し、ニットのモノづくり、Coohemが出来る過程などをご覧頂き、米富繊維が誇る40年間続けてきたアーカイヴスが保管されている資料室へ。

 

その中から特徴的な5種類のアーカイブスをピックアップ、それらを組み合わせて、さらにデッドストックの糸で編む。

 

様々な制約がある中で弊社の鈴木室長が約一ヶ月、編地作りに格闘した末にこのセーターのベースは完成しました。

 

ウールコード、モヘヤ、カラーネップ、ブークレなど他素材使いで異なるパターンを組み合わせて一つの柄を作ることは、編地の左右のバランスをとることが非常に難易度が高く、かつその編地を後染めすることによってそれぞれの色を合わせる。。

 

「編み」も「染め」も一癖も二癖もあるモノづくりをしています。

image

米富繊維とのコラボレーションの証、新しいYONETOMIネームとのWネームになっています。

パッと見、無地のローゲージニットに見えますが、Coohemのニットツウィード並みにハードなプロセスを経て完成したセーター。

実は、前と後ろ両方着ることが出来るデザインなんです。

サイズはウィメンズだと少しオーバーサイズで、メンズだとMサイズ相当になります。

ウィメンズの服も着れちゃうニュートラルなテイストが好きな男性の方、モード好きな方はユニセックスで着ることが出来きます。

カップルでシェアしたりしてもいいかもしれません。

現在、PASS THE BATON表参道店、丸の内店、京都祇園店、ONLINE SHOPにて発売しております。

PASS THE BATON表参道店 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F

PASS THE BATON丸の内店 〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1 Marunouchi BRICK SQUARE内

PASS THE BATON京都祇園店 〒605-0085 京都市東山区末吉町77-6

PASS THE BATON ONLINE SHOP

 

「デッドストックの糸でここまでできるんだ!」のセーター、是非お店でご覧になってみて下さい。

Director 大江

_BLOG