_NEWS & BLOG

dreaming about 『HERRINGBONE TWEED』

 

 

皆様こんにちは、Coohemアシスタントデザイナーの神山です。

 

今回は、2016AWコレクションのキービジュアルにも採用された、「HERRINGBONE TWEED」シリーズについて、ご紹介させて頂きます。

 

 

2015_12_21_coohem_shot_22_26972015_12_21_coohem_shot_24_2805

 

 

世界的にクラシックなヘリンボーン柄の名称は、「HERRING(ニシン)」の「BONE(背骨)」にその模様が似ていることに由来しており、アメリカのワークウエアに多用されていました。

日本では、杉の葉っぱに似ていることから「杉綾織り」とも呼ばれます。

出どころは違えど、どちらも自然界のものからインスパイアされた模様です。

 

今回の「HERRINGBONE TWEED」は、流れる様な大ぶりの斜めラインの連なりがとてもドラマチック。その大胆なジグザグ柄の間には、Coohemらしいカラフルなファンシーヤーンがぎっしりと敷き詰められています。

 

 

coohem4741coohem4747coohem4753

 

非常に個人的な視点から言えば、このテキスタイルを初めて見た時の印象は「自然の美しさ」にとても近いものがありました。

 

例えるなら森の中の景色を印象画で描いたような、素敵なイメージが浮かび上がったことを覚えています。

木の実やお花、葉っぱやその隙間から見える空の色、雲や月、朝露の雫、綺麗な色の小鳥や動物たち、、、

それらが季節や時間帯によって移り変わってゆく様を、今でもなんとなく連想してしまいます。

 

非常にファンタジックなイメージに聞こえますが、

ほとんどのファンシーヤーンが自然界にある色で構成されているのは本当で、その為カラフルながらも独特の調和を生み出しています。

 

一見して派手!という印象を持たれがちなCoohemツイードですが、自然の色をうまく織り交ぜることで、羽織ってみると肌馴染みが良く意外といける、というアイテムでもあるのです。

 

 

さて、ここからはアイテム展開について。

このシリーズはメンズ、レディース、スリッポン、ハットと、様々なアイテムに落とし込まれています。

 

 

2015_12_21_coohem_shot_23_2800

 

メンズのジャケットは縁がパイピング仕様でブレザージャケット風。

オリジナルの水牛ボタンを使用しています。

 

レディースはクラシカルなノーカラーセットアップ。

フリンジやカラーブロックディテールで今の気分を加えています。

 

 

212693c1752

 

メイド・イン・ジャパンのスニーカーメーカー、Moonstarとのコラボスニーカーは、ネイビーのレザーとのコンビデザイン。

ユニセックスサイズで展開しており、スニーカー好きの男性にもご好評頂いております。

 

 

2016_5_7_coohem_look_013_0860

 

 

 

またCa4laとのコラボレーションハットは、秋冬らしいウールフェルトのボーラーハット。

 

エレガントなつばが平らなデザインで、レディースのジャケットに付いているものと同様のフリンジでデコレートされています。

 

 

2016AWコレクションで最も華やかな HERRINGBONE TWEED シリーズ。

 

暗くなりがちな冬のワードローブに、ちらりと加えて頂きたいと願っております。