_NEWS & BLOG

Coohem CUSTOMIZE CLUTCHBAG&CARD CASE 発売!

こんにちは、Coohem営業の渡邉です。

早いもので、もう9月ですね。
現在工場内はCoohem2016AWの生産がラストスパートに差し掛かってきており夏の終わりを感じますが、外はまだまだ暑いので皆さまお身体にはご自愛くださいね。

 

さて本日より、Coohem ONLINEにてCoohem CUSTOMIZE CLUTCHBAGとCARD CASEの販売を開始いたします!

このCUSTOMIZE CLUTCHBAGとCARD CASEはCoohemの量産時にキズなどで使えなくなってしまった編地や、サンプルの段階で商品化されなかった編地の使える部分だけをリサイクルして作っており、今までクラッチバッグはPASS THE BATONさんはじめ、全国のCoohemをお取り扱い頂いているセレクトショップさんのご協力の元、皆さまに店頭でカスタマイズしていただけるCUSTOMIZE KNIT TOURというイベントを開催し、ご好評をいただきました。

カードケースは通常のCoohemの卸先様での取り扱いはなく、PASS THE BATON表参道店さん、京都祇園店さん、UNITED ARROWS&SONSさんのみでの取り扱いとなっていました。

 

今回Coohem ONLINEにて発売されるCoohem CUSTOMIZE CLUTCHBAGは、Coohemスタッフで選ばせていただいた世界に1つだけのクラッチバッグとなっており、なくなり次第終了となります。
また、カードケースは多少在庫がございますが、限られた編地で作っているため数量限定で、こちらもなくなり次第終了となっておりますのでご了承ください。

もしかしたら皆さまがお持ちのCoohemと同じ編地があるかもしれませんよ・・・!

coohem9485
CUSTOMIZE CLUTCH BAG
coohem9494
Coohem CARD CASE

 

さて、ここからはクラッチバッグ、カードケースについて少しだけお話させていただきます。

クラッチバッグがコレクションの中で発表されたのは2013SS、当時私は編立におりつつもCoohemの仕事をしており、もしかしたらお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、ポーチやクッションカバーの型紙も実は私がひいておりました。

社内にも雑貨を作れる人間がおらず、私自身に知識もなく、また今までニットしか縫ったことのない工場ではミシンの設定も針の太さも違い、試作品では現場に迷惑をかけたのを覚えています。

写真3

 

Coohemスタッフや企画チーフ、副資材屋さんに相談、協力してもらいながら商品開発を進めていき2013SSコレクションでリリースしました。

ちなみに、Coohemのクラッチバッグの量産の縫製は、実は山形県内在住の1人のおばちゃんによって支えられています。

ご自宅の作業場に工業用ミシン、ロックミシン、アイロンをそろえ、普段は小物の縫製やお直しをしているそうで、雑貨をリリースしたころからお世話になっています。彼女なくしてはCoohemのクラッチバッグはありません

いろいろな方の協力のもと生まれたクラッチバッグはクラッチバッグとしてはもちろん、タブレットのケースとして、バッグインバッグとしてお使いいただけます。
また昨年リリースされたカードケース、もともとは営業スタッフ用の名刺入れとして作ろうと思ったのが始まりでした。

フラップ部分にはマグネットを使用しているので開閉をスムーズに行う事ができ、内側の手前のポケットには頂いた名刺を、奥のポケットにはご自分の名刺を入れていただけます。
名刺ケースとしてだけではなく、アクセサリーや小物を入れたり使い方は自由です。
写真5

お気に入りの編地や組み合わせがございましたら、是非この機会にご購入くださいね!

CKT-G-001 CUSTOMIZE CLUTCH BAG \17,000(税抜)
CKT-G-005 Coohem CARD CASE \5,000(税抜)

_BLOG