_NEWS & BLOG

Coohem が大切に思うこと

前回のBLOGでもご紹介しましたが、Coohemはこの秋で皆様に支えられてブランド5周年を迎えます。

東北の小さなニット工場から生まれたファクトリーブランドも、商品を展開してくださる各SHOPの皆様、仕入先、協力工場の皆様のご協力のもとモノづくりを続けてこれました。

糸作りやボタンから別注にこだわり、ニットツウィードの開発からデザインにいたるまで独自性を追求してきたブランドCoohem。
これまでたくさんのお客様にお買い上げを頂きました。

卸先である各SHOPにもお取引スタート時、または店頭での商品説明会を実施した際にお伝えしているのですが、今回は「末長くCoohemを着て頂くために僕たちCoohemが大切に思うこと」修理、アフターケアがテーマです。

実は、初めて知る方も多いかもしれませんが、Coohemではシーズンを問わず「糸のひっかけ」に関するお修理は原則、無料でうけたまわっております。

*送料はお客様負担とさせて頂いております。

Coohemのニットツウィードって、織物のツウィードにはないファンシーで立体的な生地感が特徴なのですが、それゆえにアクセサリーやバッグの金具、ボトムスは椅子の端、都心にお住いの方は冬の満員電車で誤って糸がひっかけてしまうのでは?とヒヤヒヤした方も多いことと思います。

当然、「ひっかけ」以外にもボタンの外れや生地の滑脱等、ケースバイケースでお修理をご相談いただき、一部お修理代金が発生する場合もありますが、ブランドの基本スタンスとして「半永久的に修理が受付可能であること」「極力、お買い上げ時に近い状態を目指した修理等を施し、お客様に末長く商品を着ていただけること」を第一と考えております。

みなさんも大切にしていた洋服やお気に入りの洋服が、なんらかの原因で修理が必要な状態になってしまい「どこに修理に出して良いかわからない」という経験があるかと思います。

Coohemは山形県の自社工場内で一貫生産しているため、修理後の最終アイロンもその商品が生産された際と同じ状態でプレスしお客様にお返ししております。
*一部、雑貨に関しては協力工場にて生産しています。

この度、Coohemホームページ上に新たに「CUSTOMER SERVICE」コンテンツを設け、メールフォーマットより修理依頼ができるようにいたしました。

https://coohem.jp/cs/

tumblr_inline_nv8k1nMluC1rzeo8x_500

詳しくは、こちらのホームページコンテンツを見ていただきたいのですが、お買い上げ頂いた店舗を問わず、Coohemのブランドネームがついた商品全てがシーズンを問わず対象となります。

なぜ、ブランドホームページに専用コンテンツを設けたのか?
それは、ニットのお修理自体は非常に難易度が高く、修理方法や料金、納期などをご説明する場合、作り手である僕たち自身がお客様にご説明した方が伝わりやすいと考えたからです。

こちらのコンテンツに関して、今後も修理風景の動画やお客様ご自身でできるアフターケアも含めて順次バージョンアップしていきたいと考えております。

徹底的にこだわったモノづくりをした商品をいつまでも長く、良い状態で着て頂くためにスタッフ一同ご対応をさせて頂きますので、まずなにか不明点などがあれば気軽にご相談ください。

これが「Coohemが大切に思うこと」

いつまでも長く着ていただけるCUSTOMER SERVICE

今後ともどうぞよろしくお願いします。

Director 大江

_BLOG